インフォメーション

2015.08.12 (Wed)  21:34

ベティーズの紅茶

「ベティーズ」は、イングランド北部のヨークシャーにあるイギリスのベストティールームで、この地に6店舗あります。常に行列が絶えない店でありながら、優雅さと素朴でぬくもりを感じるもてなしがあたたかい。ヨークシャーは水源に恵まれ、農村地帯が広がるロケーション。とにかく食材のありとあらゆるが美味しいと感じる。また、創業者がスイス人であることからメニューにグリュイエールチーズがたっぷりと使われているので、一日に何度足を運んでも美味しいという感動が尽きることはありませんでした。

写真はハロゲートにある本店、ヨーク店、リトルベティーズの3店舗です。紅茶愛好家の聖地であるベティーズのティールームブレンドを買い付けて来ました。特に本店のある土地の水質はここ仙台に近いものがありますので、ご自宅の水質で楽しんでいただくのに大変おすすめです。ヨーク店では硬水用の同ブレンドを買い付けました。現地買い付けにこだわる当店ならではのセレクトは、むしろこちらの方かも知れませんね。どちらも50g2000円、数量限定になってしまうのが申し訳なく思います。

2015.08.09 (Sun)  12:26

2015英国紅茶買付報告

英国紅茶買付は、ベティーズはハロゲート(軟水地方)、ヨーク(硬水地方)のお店で、買付けました。ロンドンではハロッズ、トワイニング、F&M、ヒギンズを買付けて来ました。ティーパレスが会社事情でお店を閉めていたのが残念でした。再起を願っています。コッツウォルズではティサンズを買付けました。一度に全てをお出しできないのですが、一部旬茶としてお出ししている他、ベティーズのティールームブレンド、ティサンズのコッツウォルズアフタヌーンティーの販売を開始致しました。イギリスの「食」については、思わしくない評判を聞いていると思いますが、各地方でとても美味しい料理に出会うことが出来ました。イギリスは過去狂牛病で、食の信頼を失った後、それを教訓に大きな改善努力をしたと聞きました。その通り、食材そのものから良質なものが提供され、それぞれのお店で工夫が施され、美味しい料理が競われていました。当店ホームページ「写真」の欄で、紹介しています。詳しくは、当店にアルバムをおいてありますのでご覧下さい。

今回の旅行は多くの方々に助けられ、多くを学ぶことができた紅茶買付の旅でした。旅行のスケジュールもさることながら、宿泊の手配、鉄道の切符や地下鉄パスの事前購入に至るまで、小関由美さんにパソコンを前に、手取り教えて頂きました。本当に感謝に堪えません。またイギリスでは紅茶の買付に帯同をお願いし、交渉事をまとめて頂いたのは、木島タイバース由美子さんでした。お陰様で紅茶の買付は予定以上の成果を上げて帰りました。また、ご一緒して学んだことで印象深く、ご紹介頂いたのが、ベジタリアン&ヴィーガン料理でした。何故?という部分の考え方についても、考えさせられることがありました。私もこれから多くを学び、仙台の地でご紹介ができたらと思っております。特に嬉しかったことといえば、イギリス菓子作りに深い造詣をお持ちのメアリーさんとお会いできたことでした。人生に対する豊かな心持ちや、全てに丹精な姿勢に心打たれて参りました。これからも多くの方々に助けられ、成長を重ねたいと誓うイギリスでの紅茶買付旅行でした。ロンドンでのタクシードライバーの方や、滞在したホテルの皆様、お世話になった皆様に感謝致します。

2015.08.04 (Tue)  23:13

紅茶買付より帰りました。

ハムステッドティールーム顧客各位様

皆様にご迷惑をおかけしました。ロンドン、ハロゲート、ヨーク、コッツウォルズを廻り、その土地のハウスブレンドを含めて、紅茶を仕入れて参りました。ご不便をお掛けした分、丁寧なものづくりを今後も続けて参ります。お気軽にお声をかけていただければ幸いです。

1